» 2015 » 10月のブログ記事

前髪のスタイリングのコツ

| 未分類 |

ファッションやメイクがばっちりきまっても、ぱっくりと割れてしまったりペッタンコになってしまったりと前髪のスタイリングがきまらないと全体の印象を台無しにしてしまうことがあります。簡単なスタイリングのコツを抑えれば、全体の印象を台無しにすることなくオシャレを楽しむことができるようになります。ふんわりと可愛く仕上げたいときは、カーラーを2つ使うのがコツです。まずおでこの生え際のところで髪を上下2段に分けます。そして外側は大きめ、内側は小さめのカーラーをまきます。その上からドライヤーの弱風を当てます。次に冷風を当てて、熱を冷まします。少しだけ放置したら、カーラーを外します。しっかりとカールが固定されてふんわり可愛く仕上がります。軽くヘアスプレーをかけると長持ちさせることができます。ちょっと横に流して大人っぽく仕上げるときのコツは、まず霧吹きなどを使って髪の根元と頭皮を湿らせます。このときに濡らすのではなくて、湿らせるのがポイントです。しっかりと水分が頭皮に染み込んだら、流したい方向の逆に髪を梳かします。その方向のままドライヤーで乾かします。分け目を流したい方向に戻して手ぐしを当てながら乾かしたら完成です。目にかからないように流すと清潔感も出て高感度もアップさせることができます。

マーメイドバングで魅せる前髪アレンジ

| 未分類 |

簡単に行えるヘアアレンジの一つ「マーメイドバング」は、湿気でぺたんこになる前髪のイメージチェンジにおすすめのアレンジ方法です。
まずは前髪を斜めに分け、耳の上の位置でくるっと丸めます。長さが足りない場合はこめかみから髪の毛を持ってきて毛先を丸めます。
毛束の下からピンを刺して状態を固定したら、頭のトップ部分の髪の毛をとってシニヨンを作ります。この時先に作っておいた毛束と同じサイドにつくりとバランスがよく見えます。シニヨンを作ってピンを刺して固定をしたら、飛び出した毛先部分をシニヨンの周囲に沿わせてピンで固定をしましょう。
そうすれば湿度が高くて暑苦しい梅雨の時期や、真夏の厳しい暑さのときでも涼しげな雰囲気を手に入れることが出来るでしょう。ヘアアクセサリーを付けなくても自分の髪の毛だけで充分可愛らしさを感じることが出来て経済的でもあります。
清楚で可愛らしい雰囲気にもなるため、ここぞというデートや合コン時にも活用してみると良いでしょう。不器用な人は霧吹きなどで髪の毛を湿らせてからアレンジを行い、形が整ったらスタイリングスプレーを吹きかけておきましょう。そうすれば時間の経過や風などでスタイルが崩れるのを防ぐことが可能です。

ショートでも簡単!サイド編み込みアレンジ

| 未分類 |

ショートヘアだから髪のアレンジができないとか、編み込みアレンジは可愛いけれど不器用だから自分ではできないと思っている人でも、基本を抑えれば初心者でも不器用でも、簡単にアレンジヘアを楽しむことができます。やり方はまず、髪の毛をくしなどでよく梳かしてからサイド部分の毛束を三等分に分けましょう。三つ編みを一度行ってから、三等分した髪の左側と右側の束を左手で、真ん中の束を右手で持ちます。土台となる三つ編みをしっかりと編むようにすると安定しやすくなります。端に来ている毛束のすぐ下の毛をすくい取ってその毛束とあわせます。あわせた毛束を中央の毛束の上を通して真ん中に持ってきます。反対側も端に来ている毛束のすぐ下の毛をすくい取って、その毛束とあわせ、あわせた毛束を中央の毛束の上を通して中央へ持ってきます。これを繰り返して左右でとれる髪がなくなるまで続けゴムで留めれば完成です。前髪などはピンでまとめて留めておくようにすると良いです。軽くヘアスプレーをかけると、崩れにくくすることができきれいに仕上げることができます。ヘアアクセサリーなどを使うと更に、可愛らしく仕上げることができますし、細めのリボンなどを髪と一緒に編みこむのも可愛いです。

ふわっと前髪でヘルシーおだんごアレンジ

| 未分類 |

ロングヘアーの場合は様々なヘアアレンジが楽しめますが、高い位置でまとめたおだんごヘアーも可愛らしく、女性らいしこともあり人気が高いスタイルです。

簡単でシンプルなスタイルですが、シュシュやコームなどアクセサリーを工夫するだけでもかなりのバリエーションが楽しめます。

おだんごの高さによって雰囲気がかなり変わりますし、洋服だけではなく浴衣などの和装にも似合います。
そして、髪をまとめた場合は前髪のアレンジも工夫したいところです。

まとめ髪の場合の前髪はアップであげる場合もあれば、ピンを使って横に流す、さらに下ろしても可愛らしさを出すことができます。

おだんごヘアーにはふわっとした軽い感じの前髪が似合いますので、カーラーやヘアアイロンを利用してふんわりとした柔らかさを出してみましょう。

前髪は伸びてくるとぺたんとしやすいですが、カーラーやアイロンで大きなカールを作れば切らずとも軽さを出すことができます。
カーラーやアイロンでカールが作れたらワックスなども利用して自然な動きをつけてもるのもおすすめです。

全体的なバランスの良さも大切ですので、おだんごの位置や大きさなどのバランスも考えて一番似合う前髪を作っていきましょう。

伸ばしかけ前髪アレンジ

| 未分類 |

前髪を伸ばしかけている時は、どうもスタイルが決まらないと言って困ってしまう事も少なくありません。
では、どういうアレンジをすると良い感じになるのでしょうか。

一つは思い切って額を出すようにするという事です。
中途半端な状態はあまり見た目が良くないので、ヘアピンで留めてしまうと良いでしょう。
そうすれば邪魔になってしまう事も無く、使うヘアピンによってはおしゃれにアレンジする事も可能です。

ヘアピンはあまり使えないという場合は、編み込みをするのも一つの方法です。
髪を少しずつ掬い上げて編み込んで行くと、それ程まだ長くなっていない状態でもきれいに整える事ができます。
ただ両側を編み込んで行くと大変なので、慣れるまでは片側だけを掬い上げて行く感じにしても良いでしょう。
そうすれば慣れていない人でも簡単にまとめる事ができます。
そういった細かなアレンジが苦手だという人は、髪を横に流すだけでもかなり印象は変わります。
そのままではまた元の状態に戻ってしまうので、スプレーなどで固めるのも良いでしょう。

アレンジ自体が苦手な人は、前髪をあえてそのままにするという事もできます。
敢えて無造作な感じに見えるアレンジも流行っているので、それを使えば少し位長さが中途半端でも旬のおしゃれスタイルを楽しむ事ができます。

ハーフアップのねじりアレンジ

| 未分類 |

まず、ロングヘアーの場合、両耳から頭を包むように親指で髪を後ろに持ってゆきゴム等でしばります。
このとき、頭のてっぺんがボサボサにならにようにクシなどで撫で付けながらととのえゴム等でゆるめに縛るとよいです。(ねじこむために少しゆるめにしておく必要があります)
ねじりアレンジ用の商品が売っていますがなくても出来ますが少しバランスがわるくなったり、ボサボサになりやすいです。
縛った部分へ頭のてっぺんから半分に分けるようにクシの後ろの細く長い部分を差し入れ髪をわけゴムの上までクシを入れます。そして分けた部分に縛った髪の先を入れ込みます。
上から入れる方法と下から入れる方法とあります。
どちらにも良い点がありかわいいです。
お好みと、やりやすさで選ぶと良いと思います。
できれば三面鏡などある場所でヘアーアレンジするとバランスよくできると思います。
人にしてもらうのもよいと思います。
髪をすいて短い部分がある人はセットスプレーや、最初にワックス等使うと出来上がり良いです。
おしゃれな場所にも合う髪型ですが葬祭時にハーフアップのねじりアレンジをすると上手にゴムも隠せれますしバレッタ等を利用しなくてもよく場所に合った髪型になります。

結婚式などで大変なのがヘアアレンジだと言えます。髪をおろしたままで式に出席するのは味気がないし、美容院に行っている時間もない、という女性は数多くいます。そういった人におすすめなのが、ハーフアップです。例えば、髪をポニーテールに結び、その毛先をふんわりと逆立てるだけでも簡単に出来てしまいます。ほかにも、ねじってピンで留めることでお嬢様のようなハーフアップが可能です。また、リボンやバレッタをつけることで華やかになったり、かわいらしくなります。三つ編みや編み込みが出来る人であれば、ハーフアップにそういったテクニックを取り入れるだけで、雰囲気がまったく変わります。編み込みが苦手な人は、実はねじって留めるだけでもかなり雰囲気が変わります。例えば、前髪はポンパドールにし、サイドはリバースにねじり、後ろでピンで留めるというように様々なテクニックを取り入れることも可能です。単なるハーフアップだけではなく、サイドにまとめたり、トップにボリュームをつける、カールをつけるといった技術もあります。こういった異なったテクニックをそれぞれ活用することで、パーティーやウエディングのような華やかなシーンでもパッと目を引くヘアアレンジが出来るのです。

編み込みで簡単!大人の正統派ハーフアップ

| 未分類 |

 暑い夏、長い髪はよけいに暑くてうっとうしいです。でも長い髪は女の魅力です。ハーフアップするだけで、首にかかる髪が減り、ずいぶん涼しくなります。たたのハーフアップよりも編み込みを入れたほうが素敵です。
まず、ハーフアップする髪によくクシを入れて、左右にわけ、とりあえず片方はゴムで結んでおきます。スタイリング剤をつけるか水をつけて、頭頂部から髪をとり1回三つ編みにします。次に少しずつ髪を取りながら編みこんでいきます。好みで耳の下まで編んでもいいし、途中でやめて反対の編み込んだ髪と結んでもいいです。横分けの場合、片方だけ編むのが流行っています。髪が長ければ、最後まで三つ編みにしてトップでグルグルと巻いて止めてもいいし、首の下で止めてもいいでしょう。最後に編んだ髪にスプレーして固定すれば、毛束がでたりしてくずれません。
内側から外側へ三つ編みを編み、同じように少しずつ髪をとって編み込んでいくやり方もあります。この方が三つ編みがきれいに浮き出てかわいいですが、慣れないと難しいかもしれません。とりあえずは正統派の外から内側に編む方が簡単ですので、自分で鏡を見ながら、やってみましょう。結ぶ位置によって、編む方向によってイメージが違うので、いろいろ試してみましょう。浴衣姿にはとても魅力的です。

忙しい朝でも簡単にできるハーフアップ

| 未分類 |

忙しい朝でもおしゃれで可愛く、または洗練された髪型に変身できるのがハーフアップです。使用するヘアゴムやクリップなどを駆使すればたったの1分で凝った髪型になります。どんなTPOに合わせる事が出来る髪型でもあるのでマスターしておけばいつでもどこでも役に立ちます。
基本のやり方は耳の上の髪をゴムやクリップなどでまとめる事で完成です。トップの部分に膨らみを作る事でボリュームが出て小顔効果が期待出来る他、昔風のおばさんになりません。また、束ねた部分をだんごのシニョンにする事でくしゅっとした髪が女性らしさを引き立てます。束ねた部分の高さを調整する事で横から見た印象も変わります。頭頂部に近い位置で結べば若々しさを強調する事も可能ですし、耳より下の部分でまとめれば、おとなしく、控えめな印象を与えます。
ハーフアップの良い所と言えば、多くの長さの髪型で可能であり、ショートヘアでなければ出来てしまう事です。ボブでもロングでも対応出来る為、ちょっと寝坊してくせ毛が直す時間がない、パーマが上手くまとまらない時でもごまかしが利く割にオシャレという点です。編み込みやカーラーを取り入れれば何通りの髪型にも出来てしまいます。

ハーフアップの基本テクニック

| 未分類 |

まとめ髪をすることが多い、夏の時期は一つにまとめることも多くなり、スタイルもマンネリ化してしまいがち。そんな中でハーフアップの基本テクニックをマスターしておくと、レパートリーも増えて、確実にオシャレ度がアップします。難しく思いがちなスタイルですが、ちょっとしたテクニックの法則を知れば、自分でもおしゃれに作ることが出来ます。パーマがかかっていると無造作にさりげないスタイルが作りやすいのですが、基本は傷んでいないハリのある健康な髪です。そして、アシンメトリーなスタイルにすると、慣れていない人でもバランスがとりやすく、全体がまとまった印象に仕上がります。色々な角度から見ても、おしゃれに仕上がるスタイルなので、結婚式やパーティーなどで後ろ姿を見られることが多いにもぴったりです。ショートでも、ロングでも、長さに合わせたアレンジが可能なので、自分に合ったアレンジが必ず見つかります。お気に入りのスタイルを持っておくと、とても便利です。ピンや小物を上手に使って自分スタイルを見つけましょう。ちょっとしたバランスが大切なので、お気に入りだった髪形は写真をとって保存しておくと、次回も再生しやすく便利ですよ。ダイニング02 ダイニング01

最近の投稿