» 2015 » 11月のブログ記事

まつげの毛周期を正常に保つ成分

| 未分類 |

 まつ毛は目に汗や異物が入るのを防ぐ働きがあります。その他にも女性にとっては目を大きくパッチリと見せるための役割もある為マスカラやビューラーなどを使う事もあります。最近ではまつ毛エクステをする女性も多くその反面まつ毛にトラブルを抱える女性も増えてきています。まつ毛の毛周期が乱れ毛が成長しないうちに抜けたりなかなか生えてこなかったりします。そんな中まつ毛の毛周期を正常に保ち、まつ毛を太く長くするまつ毛美容液も多く知られるようになってきました。成分としてはセイヨウナシエキスやビターオレンジ果皮エキスがよく知られています。セイヨウナシエキスは西洋ナシから抽出したエキスでアミノ酸やミネラル、タンニンなどが豊富に含まれており、効果としては肌を保湿して外部の刺激方守る役割があります。さらに新陳代謝を高める効果もあります。ビターオレンジ果皮エキスは橙の皮から抽出したエキスです。橙は酸味や苦みが強く食用には適しませんが、皮に薬効があるため昔から漢方に使われていきました。ビターオレンジ果皮エキスは血行を促進するため肌だけでなく毛を健康に維持する作用があります。まつ毛美容液を購入する際はこの2つのエキスが配合されているか確認するとよいでしょう。

まつげの成長を促す成分

| 未分類 |

まつげの成長のためには、必要な栄養素を取り入れる必要があります。まつげは狭いパーツではありますが、その人の顔の印象まで左右するくらい、重要な部位でもあります。健康的なまつげの成長を促すためには、血行促進も大事ですし、元気に育つための栄養成分も欠かすことができません。そこで必要になってくるのが、海藻エキスの存在です。髪の毛のためにも改装は良いと言われていますが、まつげにとっても育毛のサポートとなる成分です。最近で浜本の美容エッセンスもたくさん販売されていますそんな気軽に入手可能なまつげ用エッセンスにも、配合成分として含まれていることがあります。まつげに栄養を与える、効果的な栄養素として、昆布エキスやフコダインもありますし、血行を促進させる作用も働きます。体内の血液の巡りが良くないと、健康にも不調が見え始めます。それは体毛にも多きく影響しており、血液の循環がわるくなると毛の成長に必要な栄養が行き渡りにくくなります。まつげも同様ですから、血液の循環が良くなるように心がける必要があります。まつ毛専用のエッセンスなどには、そういった栄養素も含まれるため、日々のスキンケアとしても利用していきたいアイテムです。

まつげを太くする成分

| 未分類 |

女性にとってまつげは目を大きく見せて、さらにかわいらしく、そして美しく見せることができる重要なものです。ビューラーやマスカラ、まつげエクステがメイクアイテムに欠かせなくなったことからわかるように、まつげが長くて沢山生えているほうが目を大きく見せることができ、印象づけることができます。目は人の顔を判断するときに一番最初に目に入る部分ですから、力を入れてメイクしたい部分の1つです。近年は、まつげそのものを長く太くしようという試みが行われています。今までは毛髪については育毛剤が豊富にありましたが、まつげの育毛についてはあまり考えられていませんでした。しかし現在はまつげそのものに塗ることで長く太くする美容液が提供されています。まつげに塗るだけで毛母細胞を活性化させ、太くてハリのあるまつげになるように促す効果があります。その美容液には、ビオチンやビワ葉エキス、牡丹エキスの成分が含まれています。まつげはビューラーでカールされたりマスカラを塗ったりすることで傷んでしまうことがありますが、これらの成分が配合されている美容液を塗るだけで、ダメージを最小限に抑えて、まつげ育毛の効果を期待することができます。

まつげを増やす成分

| 未分類 |

まつげの本数を決める条件は、遺伝も含まれる要素ですが、毛を育てる成分の不足も影響します。
つまり、不足しがちな成分を与える事が出来れば、まつげの本数を増やしたり、ボリュームを増加させる事が出来ます。
まつげを育てる方法としては、毛の材料になるケラチンに加えて、各種アミノ酸を中心に取る事が効果的です。
ケラチンの不足は、毛の材料を枯渇させる事に繋がるので、ダイレクトにまつげの変化が現れます。
また、各種アミノ酸を摂取する機会が減少する事は、まつげの質を低下させる一因になります。
ケラチンと各種アミノ酸は、いずれの成分も不足が本数の減少に影響するので、食事から幅広く取り入れる事が大切です。
具体的に不足している物を特定する事は、厳密なまつげの分析を行わなければ困難です。
しかし、発毛と成長を促す栄養素を理解していれば、これらを幅広く摂取する事で改善する可能性は高まります。
栄養を届ける為のマッサージ、まつげの栄養を奪わない目の休養等は、本数の減少を食い止める方法の一種です。
蒸しタオルで目元を緩めたり、美容液で潤いを与える方法は、失われた毛の本数を取り戻すやり方になります。
ケラチンは、材料となるタンパク質の量と共に、取り入れる質の高さも成長を左右する鍵なので、特に良い物を十分に摂取する事が重要です。

まつげを伸ばす成分

| 未分類 |

まつげの長さやボリュームの差で、その人の瞳の見え方は全く違ったものになります。まつげにも、髪の毛のよう生え方に個人差があるのでボリュームが薄かったり、一本当たりのまつ毛が短い人向けにマスカラなどの化粧品やつけまつげやエクステで補う方法もあります。マスカラは化粧をしている間だけならカバーできますし、肌が弱い人向けのものもありますが、アイメイクが手放せないことが不便に思えることも。マスカラやエクステは簡単にボリュームアップを実現するものの、接着剤で皮膚が荒れたり、つけすぎることでかえってまつげが生えにくくなってしまう例もあります。
やはり一番いいのは、化粧品やエクステなどでごまかさなくてもいいようにまつげを伸ばすことです。まつげが伸びる成分と言えば、緑内障の治療薬が有名ですが、もう少し安全に使える、自然植物由来のまつげの育毛美容液があります。
まず、オタネニンジンエキスですがこれは古来から滋養強壮目的で飲まれてきたオタネニンジンから抽出したものですが、血行促進や弱っている代謝を高める成分をまつ毛の生え際に塗ることで自然に生えやすくさせます。保湿性もあるので、生えてくるまつげが艶やかです。もう一つ効果があるのが、細胞レベルでサインを送って育毛するオクタペプチド入りの美容液でしょう。

まつげの毛周期と抜けまつげ

| 未分類 |

まつげは体毛の中でもとても短い毛です。
なので、他の体毛の毛周期と比較すると期間も短い方になります。
髪の毛の周期が4〜5年に比べて、まつげの毛周期は早い人で30日、遅い人で100日程度です。
毛周期は、大きく4つの段階に分かれており、成長初期、成長期、退行期、休止期となります。
成長初期から成長が始まり、退行期には完全に皮膚表面に出ます。この退行期前の抜け毛を防ぐことが重要になります。
まず、刺激をあまり与えないことが大切です。そして清潔にする。女性ならメイク落としの方法が健康まつげかどうかの分かれ道です。
そして、健康に保つために、まつげ専用の美容液を使用することも手段のひとつになります。専用美容液には、ハリ・コシ・栄養を与える成分などが含まれています。また、退行期前の抜け毛を防ぐ効果があります。
そのほかに、まぶたをマッサージする方法もあります。
マッサージで、血行を促進することにより、充実したまつげの育成環境をつくることが可能になります。お風呂に入りながら、ホットタオルで温めるとさらに効果的です。
しかし、まぶたの皮膚は薄くデリケート部分なので優しくするのが鉄則です。
健康で魅力的な目もとを保つためには日々の地道な努力が必要になります。

不健康なまつげって?

| 未分類 |

髪の健康に気をつかう人は多いですが、同じ毛であるまつげにまで気を配っている人は少ないです。不健康なまつげだと弾力やコシがなくなってしまい、つけまつげをした時にすぐに外れてしまいますから、油断しないで普段からケアしておくことが大切です。不健康なまつ毛の条件をいくつか挙げていきます。切れ毛があるまつげは不健康な証拠です。切れ毛の原因はまつげの酷使です。まつげは細く繊細なので、マスカラなどを毎日使っているとすぐに傷んでしまいます。時々休めたり、まつげ用の美容液を塗るなどするといいでしょう。乾燥しているまつげも健康的ではありません。水分がなくなったまつげは傷みやすく、形が悪くなってしまうのです。冬などの乾燥がひどい時期は、特に注意が必要です。部屋の湿度を一定に保つなどして、毛を乾燥させないための工夫が必要です。よく抜けてしまうまつげは、メイクによる酷使のほか、栄養不足や寝不足が原因となっている場合があります。健康なまつげのためには、生活習慣を見直すことも必要です。不健康なまつげは本人の努力で治る場合がほとんどですが、まれに不調の陰に疾患が隠れていることがあります。生活改善を行っても治らない場合は、念のため医療機関に相談した方がいいでしょう。

健康なまつげって?

| 未分類 |

美しい目元に欠かせないのが、健康なまつげです。健康なまつげとは、弾力があって、適度な油分と水分、そして艶がある状態のことを指します。痛んでいたり、切れ毛があったりすると、魅力も半減してしまいます。美しくするために、パーマやビューラーを行っても、ケアを怠れば、痛みの原因にもなり、結果、見た目が悪くなってしまうことにもなりかねません。では、美しいまつげを維持するためには、どんなことをしたらよいのでしょうか。
まつげには、髪と同じように栄養を与えてあげることが大切です。そうすることによって、ハリとコシのある毛質が実現できます。毎日決まった回数、専用の美容液を塗るようにしましょう。成長に必要な栄養を効率よく摂ることができます。マスカラを落としたあとなどは特に乾燥し、切れ毛の原因になります。それを防ぐためにもしっかり保湿を行いましょう。
逆にやってはいけないケアもあります。間違ったケアを行うことで、まつげが痛んでしまうこともあります。メイクを落とす際に、荒い残しを防ごうと、ごしごし洗うのは控えましょう。摩擦によって抜けやすくなってしまいます。また、先ほど紹介した美容液も塗りすぎは逆効果です。しっかり使用量を守るようにしましょう。

もしまつげがなかったらどうなる?

| 未分類 |

目元の印象は、目の大きさだけでなくまつげのボリュームや長さも大きく関係していると言われています。もし、このまつげがなかった場合は、それが当然であればそのことを特に奇異に思うことはないのかもしれません。しかし、このように人の印象を左右すると言う役割以外にも、大きな役割を担っています。それが、瞳を保護すると言うものです。空気中には塵や芥、埃と言ったごみが無数に浮遊しています。人間は物を見るためには瞼を開けている必要がありますから、瞼を閉じている時を除いては、常にそうしたごみに瞳がさらされていると言うことになります。そしてそれらがもし、瞳に侵入してきた場合には瞳は傷ついてしまいます。また場合によっては、その傷が元となって視力に支障が発生したり、様々な眼病が発症する可能性もあります。そのためまつげは、瞳にごみなどの異物が侵入するのを防ぎ、瞳の健康を守る役割を担っていると言うわけです。まつげが下から上に向かって反り返るように生えているのも、この役割のためだと言われています。先端に行けば行くほど、鋭敏になっていますから、先端に異物を感じた場合は、ほとんど反射的に瞼を閉じることができます。それによって、より高い確率で瞳を守ることが可能となります。いわば猫の髭のように、瞳を保護するために事前に危険を察知してくれているのです。もし、まつげがなかった場合には、別の何かが瞳を保護していたのかもしれません。あるいは、生きものの多くは瞳のダメージに脅かされ続けていたのかもしれません。その点に関しては想像がつきません。

知っていますか?まつげの構造と役割

| 未分類 |

椅子と観葉植物まつげとは、まぶたの端に生えている体毛です。構造は、眉毛とともに目の周囲に特に発達しており一般的な体毛よりも太く長さが揃っていて上下のまぶたに3〜4列の幅を持って生えています。上のまぶたの方の毛の方が長く、普通は反り返って曲がっており、ホコリなどの異物が目の中に入るのを防ぐ役割をしています。
まつげが長いことが女性らしさとされる文化は多くあるため、人工的に長くしたり多くしたりする化粧方法も古くからあり青銅器時代にはコールと呼ばれるマスカラの一種がすでにあったと言われています。
現在の化粧でもまつげは重要な部分と考えられており、マスカラやアイシャドー、アイライナーなどの目元の化粧を組み合わせることによって印象的な目元を作ることができます。まつげを挟んでカールにして上方に先端を持って行くことで目を大きく見せることができ、マスカラのノリを良くするビューラーなどの補助的な器具も出ています。また、長くするための美容液なども販売されています。
化粧とは異なりますが、自前のものに人工毛などを装着して長さや数を増やすことのできるまつげエクステンションなども流行しています。しかし、これはアレルギーなどのリスクもあるため施術するときには注意が必要です。 花瓶01

最近の投稿