化粧の厚塗りは、化粧崩れを招きます。厚く塗ることで皮脂分泌が促進されて、その皮脂が化粧の成分を浮かせることによって崩れます。こうなると、いくら重ねづけしてもうまくフィットしません。また、厚塗りした上に重ねづけすると、野暮ったい印象を与えます。シミなどをコンシーラーで隠す人も多いのですが、コンシーラーも肌を野暮ったく見せる要因の一つです。ファンデーションを厚く重ね塗りした時と同じような印象になってしまいますので、どうしても隠さなければならないという時以外は避けたいところです。
厚塗りをしなくて済むように、日頃から透明感のある肌作りを行わなければなりません。シミやくすみのない肌は、それだけでも財産になります。基本的には、紫外線対策と美白ケアを継続して行うことである程度は改善されます。あとは、色素沈着を起こしている部位に対してピンポイントにケアを行い、お手入れの際に摩擦などの刺激を与えないように気をつけるだけです。
くすみのない白い肌は、ファンデーションを薄くつけるだけでも十分美しく見えます。毛穴をカバーする程度に薄く塗るだけなら化粧崩れも起こしにくいですし、毛穴を塞いでしまうような心配もありません。

最近の投稿