» 未分類のブログ記事

脱毛エステは回数保証がおすすめ

| 未分類 |

ムダ毛は女性共通の悩みですよね。
しかし最近ではサロンや医療機関の脱毛が利用しやすい価格になり、気軽に通う人が増えています。
いざ通う事になった時に迷ってしまうのがその契約内容です。
期間が無制限、回数保証コースを様々ありどれにしようか悩んでしまうのです。

例えば全身脱毛コースなどは期間無制限で毎月定額を払うものが多いのですが、問題なのは部位毎のコースです。
6回コースとあっても期限が2年間であれば、2年間の内に通い終えなければなりません。
忙しい人の場合数カ月通えず、いざ行こうとすると予約が取れずに結局ほとんど通えず終わってしまった、といった話が以前はよくありました。
そうした苦情も多かったせいか、今は回数保証があり無制限で通えるコースが多くなっています。
出来ればそういったコースを選ぶと安心です。

またその場合契約前に確認して欲しいことがあります。
例えば妊娠した時は脱毛することが出来なくなります。未消化分が残っている場合、お休み期間後に再開して消化できるのか、
または返金扱いになるのかといった内容を聞いておくと、いざという時に安心です。
出産後も授乳や育児で1年半程度は再開が難しいでしょう。
無期限の回数保証コース以外を契約する場合、妊娠の可能性も考慮の上で申込するようにしてくださいね。

ジェルが肌に合わない場合もある

| 未分類 |

肌が弱くアトピー肌の場合、ムダ毛の永久脱毛をすることはアトピーが悪化するのではないかと考えがちです。
アトピーや肌が弱い場合に永久脱毛をする場合は、医療クリニックで施術をうけることが良い選択です。医療機関での脱毛は、カウンセリング時に脱毛の照射テストを行なって、レーザーを実際に当ててみて赤みがでないか、悪化しないかを確認します。照射テストで問題がなければ施術を受けることができます。医療クリニックでの医療レーザー脱毛は医師のみ施術が可能なので、万が一炎症やトラブルがあった場合には、迅速に対応することが可能なので安心して脱毛できます。
施術で使用するジェルが合わないためにかぶれることなどが考えられます。ジェルを使用する理由は、脱毛する際に保湿や冷却をするために使用します。しかし、ジェルを使用せずに永久脱毛が可能な医療レーザーを採用しているクリニックを選ぶこともできます。
ジェルはアトピー以外の人でも体調によってかぶれや炎症を起こすることもあります。施術前のカウンセリングで湿疹があったり傷がある場合には、脱毛できないこともあるため、脱毛前はなるべく身体に傷を作らないようにすることも必要です。また、脱毛は医療機関の医療レーザー脱毛を選ぶ事で、医師による施術と、薬の処方などを受けることもできるため安心して脱毛ができます。

医療脱毛とサロンの違うところ

| 未分類 |

医療脱毛とサロンの違いは、医療脱毛は病院やクリニックなど医療機関の皮膚科で行われる医療用のレーザーを使った脱毛法で、サロンと比較するとより出力の高いレーザーを使うことが可能なので、脱毛効果も高くなるのが大きな特徴です。サロンでは光を使ったフラッシュ脱毛が行われますが、医療機関ほど出力の高いものは使用できないので、どうしても脱毛効果が劣ってしまいます。また、医療脱毛は医師や医師の指導のもとで施術が行われるのでとても安心です。
サロンの脱毛も医療脱毛も、どちらもレーザーや光がムダ毛の黒色メラニン色素にだけ反応して熱を出し、毛根の奥にある毛母細胞にダメージを与えるため、周辺の皮膚組織には悪影響をほとんど与えないので、たいへん安全性の優れた脱毛法だといわれています。しかし、ごく稀に軽い火傷や赤みの症状が出るケースもあり注意が必要です。万が一、肌トラブルが起こった場合でも、医療機関で施術を受けていれば、すぐに医師の診察が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるので、症状が悪化することがほとんどありません。
医師が常駐するという安心感や脱毛効果の高さを考えると、医療脱毛を選ぶのがおすすめです。

脱毛エステの無料カウンセリングを利用する

| 未分類 |

ムダ毛のないキレイな肌を目指して脱毛エステで施術を受けることを検討しているという方は、気になる脱毛エステを見つけたときは、まずは無料カウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか。

最近は、多くのサロンが初回は無料カウンセリングを行っています。
カウンセリングの予約はホームページから手軽に行うことができるサロンが多いので、いつでも簡単に予約を入れることができます。
カウンセリングでは、詳しい施術やプラン、料金の説明を受けることができます。
また、疑問に思っていることや不安なことがあれば質問をすればその場で答えてもらうことができます。
さらに、カウンセリングに行くとサロン内は清潔かどうか、雰囲気は良いか、スタッフの対応に問題はないか、なども確認することもできます。

脱毛エステの無料カウンセリングといえば、高いコースを勧められたり、強引な勧誘があるのではないかと思っている方もいるようです。
最近は、強引な勧誘などは一切行わないとホームページなどに掲げているサロンが多いので、安心してカウンセリングを受けることができます。
肌が弱い方は施術が肌に合うかどうかも確認することができるので、脱毛を検討しているときは、無料カウンセリングを利用しましょう。

アトピーの人の脱毛エステ選びについて

| 未分類 |

 お肌が生まれつき弱いアトピー体質の人は、少しの刺激で肌が痒くなったり、乾燥が強くなったりするので普段の化粧品選びには大変気を使ってる方が多いと思います。化粧品と同様、ムダ毛の処理もいかに肌に刺激を与えずにできるかが重要になってきます。毛抜きやカミソリでの自己処理では肌を傷めやすく、やはりプロの手で脱毛したいけれども大丈夫か不安、と言う方も多いのではないでしょうか。
まず前提として、肌の状態が良い時期に脱毛時期を選ぶことと、アトピーで治療受けている人は医師の同意書を必要とするサロンが多いです。また、服薬やステロイドを使っている人は施術の1、2週間前位から薬をお休みするよう指示がある場合もあります。
サロンの選び方としては、肌の状態によってはしばらく施術をお休みしなくてはいけない時期があるかもしれないので、月額制のところより、回数制かつ回数保証期間が長く、いざと言うときの返金保証があるサロンがおすすめです。医師がいると言う点では万一の際も安心な美容クリニックもおすすめなのですが、医療レーザーは効果が強い分肌への負担が大きく、施術後の乾燥も強い場合が多いので、どちらかと言うとサロンでの光の照射の施術の方が肌への負担は少ないといえます。いずれにせよ、きちんと自分が納得するまでカウンセリングを受けて、大事な肌を責任を持ってお任せできるサロンを見つけたいですね。

アトピーの人の脱毛サロンの注意点について

| 未分類 |

アトピーの人の脱毛サロンの注意点として、肌の状態とも相談をしましょう。アトピーだからといって、サロンでの脱毛ができないわけではありません。その時の症状や状態にもよりますし、注意をしたいのは、症状がひどい時です。もしも出血をしていたり、傷になっていた場合には、脱毛の施術はできないからです。

脱毛サロンでは医薬品を服用していたり、通院をしていたり、ほかにもアトピー性皮膚炎などの場合は、医師の同意書が必要となるケースがあります。アトピーに関しては、症状が軽度であれば問題がないこともありますが、ひどいと医師の判断は必要になります。

ただムダ毛の処理をカミソリでするよりも、脱毛で行った方が肌には負担は少ないです。薬は注意が必要であり、ステロイド剤を使っていると、脱毛の光に反応してしまいます。光脱毛の施術を受けたことで、皮膚には赤く炎症を起こしてしまうので、脱毛は控えるか、薬を控えるかを医師に相談することです。

医療機関での医療脱毛の方が向いていると考えるかもしれませんが、医療レーザー脱毛の方が照射できるパワーは強力です。お肌の事を考えると、医療レーザー脱毛よりも、光脱毛の方がお肌への刺激は少なくなります。

アトピー肌の人への脱毛サロンの対応

| 未分類 |

大手脱毛サロンでアトピー肌の人がムダ毛を脱毛する場合は、医師の同意書が必要になる可能性があります。大手脱毛サロンのカウンセリングで同意書の提出が必要だと言われた場合は、契約時に同意書を提出しなければいけません。しかしアトピー肌でも症状が安定している場合は、医師の同意書を提出しなくても脱毛することができる場合もあります。しかし心配な人は、医師の同意書をもらって提出しておくと安心して脱毛することができます。大切なことは、脱毛する部位の肌に症状が出ていないことです。他の部分にアトピーの症状が出ていたとしても、脱毛する部位が綺麗な状態であれば問題ありません。フラッシュ脱毛は少なからずお肌にも影響を与える行為なので、アトピーの症状が出ている場合は施術をすることができないのです。もしもアトピーの症状が出ている部分のムダ毛を脱毛したい場合は、まずアトピーの症状を落ち着かせることを優先する必要があります。アトピー肌は非常に乾燥しているので、保湿ケアを行ってバリア機能を回復させるということも必要です。バリア機能が低下した肌は少しの刺激でもトラブルを起こしてしまうため、大手脱毛サロンは脱毛を断る可能性があります。まずはアトピーの症状を落ち着かせることで綺麗に脱毛することができるのです。

脱毛のメカニズム

| 未分類 |

脱毛メカニズムは伸長期に毛に熱や電気による刺激を与え、毛を作り出す細胞の機能を無くすことです。毛を作る機能を破壊することのみならず皮膚に残ったままの毛を維持する働きをなくすことも重要です。残った毛は時間が経つにつれて自然に抜け落ちるので最終的に脱毛範囲には毛がなくなります。また毛周期というものがあります。新たに毛が作られる伸長期、成長しきって抜け始める退行期、毛を作り出すための準備を行う休止期です。毛はそれぞれ周期が異なるので処置したときには休止期であった毛が2ヶ月から半年かけて徐々に伸長します。伸長した毛が抜け落ちる前に根元にある毛を作り出す細胞に刺激を与えます。休止期では刺激を与えられないので伸長期に移行するまでに待つ必要があります。処理を繰り返すことで徐々にムダ毛を無くしますので、毛量の多い初期段階では定期的に行わなければなりません。効果が目に見え始める段階からは処置毎の間隔を広げることが可能です。ムダ毛は身体の至る所に生えますが伸長スピードが異なるので処置する期間や処置間隔を部位ごとに合わせる必要があります。毛の太さにもよりますが一回の処置で毛を作りだす機能を完全に破壊することができない場合もあります。

アトピーの人の脱毛方法

| 未分類 |

今、脱毛ブームと言っても過言ではないくらいムダ毛処理をされている方は少なくないでしょう。その中で、アトピーで悩む方はどのような施術方法を考えたら敏感な肌に影響を与えずにすむのでしょうか。脱毛処理をするという時点で、肌に対しての負担はかかっています。アトピーの方の肌を考えると、状態の良い時期にムダ毛処理を行うのがベストといえるでしょう。最近、ネットでは多くの宣伝がされています。さまざまな宣伝がされている中でも、【アトピーの方にはおすすめできる施術方法はありません】などという記載はされていません。アトピーに限らず、一般的に傷がある部分や、炎症をおこしているところには脱毛処理はできません。基本的にアトピー性皮膚炎などの症状を持っている方は、まずカウンセリングをされることをおすすめします。その上で医師の同意書が必要になります。ステロイド剤などは赤く炎症を起こすことが知られていますので注意しましょう。またレーザーを用いた脱毛をすることで、アトピーの方は肌が黒ずんでしまうことがあります。レーザーよりも肌に優しいフラッシュ脱毛をおすすめします。乾燥しがちなアトピー肌に対して保湿を優先に考えてくれるサロンなどもあります。そういったサロンを選ぶか、肌の状態が良いときにムダ毛処理をしてもらいましょう。

アトピーの人だって脱毛したい!

| 未分類 |

ゴルフ05アトピー肌の人は、普通肌の人よりも外界からの刺激に弱いので、ムダ毛処理のためにカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使うと、腫れたり、かゆみが止まらなくなるなどの深刻な肌トラブルが起きやすくなります。
だからといって、女性がわきやひざ下にムダ毛を生やしたままにするわけにはいかないので、そんなときはエステサロンや美容クリニックへ行って、施術を受けることをおすすめします。
サロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛という方法でムダ毛処理を行いますが、どちらも毛根にはダメージを与えられるものの、皮膚そのものは傷つけないので、あとで肌荒れに悩まされるようなことはありません。
しかし絶対に肌荒れが起こらないというわけではないので、万が一のことを考え、アトピー肌の人はクリニックに行くようにしてください。
サロンでは薬などによる医療行為が認められていないため、ドクターサポートを行うことしかできませんが、クリニックならその場で治療が出来るので、それ以上の悪化を防ぐことが出来ます。
クリニックは料金が高いものの、医療面のケアはきちんとしてくれるので、施術後の肌荒れが気になる方は、医療レーザー脱毛を受けるようにしましょう。 ゴルフ04

最近の投稿