脱毛のメカニズム

| 未分類 |

脱毛メカニズムは伸長期に毛に熱や電気による刺激を与え、毛を作り出す細胞の機能を無くすことです。毛を作る機能を破壊することのみならず皮膚に残ったままの毛を維持する働きをなくすことも重要です。残った毛は時間が経つにつれて自然に抜け落ちるので最終的に脱毛範囲には毛がなくなります。また毛周期というものがあります。新たに毛が作られる伸長期、成長しきって抜け始める退行期、毛を作り出すための準備を行う休止期です。毛はそれぞれ周期が異なるので処置したときには休止期であった毛が2ヶ月から半年かけて徐々に伸長します。伸長した毛が抜け落ちる前に根元にある毛を作り出す細胞に刺激を与えます。休止期では刺激を与えられないので伸長期に移行するまでに待つ必要があります。処理を繰り返すことで徐々にムダ毛を無くしますので、毛量の多い初期段階では定期的に行わなければなりません。効果が目に見え始める段階からは処置毎の間隔を広げることが可能です。ムダ毛は身体の至る所に生えますが伸長スピードが異なるので処置する期間や処置間隔を部位ごとに合わせる必要があります。毛の太さにもよりますが一回の処置で毛を作りだす機能を完全に破壊することができない場合もあります。

最近の投稿