アイメイク専用クレンジングを使おう

| 未分類 |

クレンジングに種類があることは知っていても、実際に使い分けている人は多くないかもしれません。
顔全体をゴシゴシ洗うと、洗った感が出てスッキリしますが、肌には大ダメージです。
かといって、肌にダメージがいかないようにそっと恐る恐るクレンジングすると、今度は洗い残しが出てしまい、これもまた肌に大ダメージを与えることになります。
肌へのダメージを極力抑える方法は、顔の部分部分に専用クレンジングを使うことです。
顔全体につけるファンデーションと目の周りのみにつけるアイシャドウ・アイブロウ、まつ毛へのマスカラ、口紅等それぞれ使われている色素、成分が違います。肌につけた化粧に合わせて専用クレンジングを使用するのが肌をいたわることに繋がります。
特に目の周りは皮膚が薄いため、ゴシゴシ洗うとシミ、シワの原因になります。特に濃いメイクをしている人は、ゴシゴシ洗ったり、洗い残しがあったりすると目元の色素沈着が進み、見た目中身ともに老化の原因となります。ウォータープルーフを使っているなら尚のこと、それ専用のクレンジングを使いましょう。
疲れて家に帰ってきた中、今までの工程にひと手間を加えるのは面倒かもしれませんが、そのひと手間が美肌に繋がるのです。

最近の投稿