保湿すればまぶたのたるみは防止できる?

| 未分類 |

若い頃はぱっちりとした目をしていた方でも、年齢を重ねるうち、まぶたがたるんで、目が細くなってしまうことがあります。
まぶたはもともと皮膚が薄く、まばたきによって毎日酷使しなければならないため、顔の中でもたるみが出来やすい部分です。
乾燥などが理由で肌にハリがなくなると、脂肪を支えきれなくなってしまうので、皮膚が下の方に垂れてくると、目が細くなったり、視界が狭くなるなど、見た目や生活に支障が出ることもあります。
それを防ぎたいなら、普段からまぶたに十分な保湿を行い、肌にハリを与えて、たるみを防止するようにしてください。
そうしないと、いつも眠そうに見える、腫れぼったいまぶたになってしまいますし、人によっては年齢以上に老けて見られますから、市販の保湿化粧品を使って対策することが大切です。
ヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分が入った化粧品で、まぶたを重点的に保湿すれば、たるみのない、引き締まった目元に戻すことが出来ます。
まぶたのたるみの原因は乾燥以外にも、強い紫外線を浴びることや、睡眠不足などが挙げられますから、外出するときは保湿化粧品を使うだけでなく、サングラスや日傘を忘れないようにし、毎日ぐっすり眠るようにしましょう。

最近の投稿