不自然な眉毛マスカラではなくす方法

| 未分類 |

眉は顔の額縁、とも揶揄されることがあるほど重要なパーツで、顔全体の印象を大きく決めてしまうものでもあります。眉の形にも流行があり、時代に合った眉メイクを行うことが、モテ顔になることにもつながりますが、意外なことに眉毛は非常に難しいパーツでもあり、毎日のメイクでもうまくいかなくてイライラしてしまうという女性も少なくはありません。今の流行は、ナチュラルな太い眉で、優しいイメージに仕上げることがポイントです。しかし、日本人の眉は真っ黒であることがほとんどで、毛質によってはそのままだと、ごつく、野暮ったい印象になってしまうので、色味を少し柔らかく変えてあげるためにも眉毛マスカラは重宝します。しかしまつ毛のマスカラとは違うので、毛全体にたっぷりと塗ってしまってはとても不自然で、わざとらしくなってしまうので、ティッシュペーパーにブラシを数回程度こすりつけ、液を少な目にします。そして毛の流れに深くブラシを入れるのではなく。あくまでも眉毛の表面をとかすような感じで、まんべんなくつけます。なおカラー選びも大切で、できれば髪や瞳の色に近い眉毛マスカラを選ぶようにすると、眉毛だけが浮いて見えることがなくなります。

最近の投稿