医療脱毛とサロンの違うところ

| 未分類 |

医療脱毛とサロンの違いは、医療脱毛は病院やクリニックなど医療機関の皮膚科で行われる医療用のレーザーを使った脱毛法で、サロンと比較するとより出力の高いレーザーを使うことが可能なので、脱毛効果も高くなるのが大きな特徴です。サロンでは光を使ったフラッシュ脱毛が行われますが、医療機関ほど出力の高いものは使用できないので、どうしても脱毛効果が劣ってしまいます。また、医療脱毛は医師や医師の指導のもとで施術が行われるのでとても安心です。
サロンの脱毛も医療脱毛も、どちらもレーザーや光がムダ毛の黒色メラニン色素にだけ反応して熱を出し、毛根の奥にある毛母細胞にダメージを与えるため、周辺の皮膚組織には悪影響をほとんど与えないので、たいへん安全性の優れた脱毛法だといわれています。しかし、ごく稀に軽い火傷や赤みの症状が出るケースもあり注意が必要です。万が一、肌トラブルが起こった場合でも、医療機関で施術を受けていれば、すぐに医師の診察が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるので、症状が悪化することがほとんどありません。
医師が常駐するという安心感や脱毛効果の高さを考えると、医療脱毛を選ぶのがおすすめです。

最近の投稿