ジェルが肌に合わない場合もある

| 未分類 |

肌が弱くアトピー肌の場合、ムダ毛の永久脱毛をすることはアトピーが悪化するのではないかと考えがちです。
アトピーや肌が弱い場合に永久脱毛をする場合は、医療クリニックで施術をうけることが良い選択です。医療機関での脱毛は、カウンセリング時に脱毛の照射テストを行なって、レーザーを実際に当ててみて赤みがでないか、悪化しないかを確認します。照射テストで問題がなければ施術を受けることができます。医療クリニックでの医療レーザー脱毛は医師のみ施術が可能なので、万が一炎症やトラブルがあった場合には、迅速に対応することが可能なので安心して脱毛できます。
施術で使用するジェルが合わないためにかぶれることなどが考えられます。ジェルを使用する理由は、脱毛する際に保湿や冷却をするために使用します。しかし、ジェルを使用せずに永久脱毛が可能な医療レーザーを採用しているクリニックを選ぶこともできます。
ジェルはアトピー以外の人でも体調によってかぶれや炎症を起こすることもあります。施術前のカウンセリングで湿疹があったり傷がある場合には、脱毛できないこともあるため、脱毛前はなるべく身体に傷を作らないようにすることも必要です。また、脱毛は医療機関の医療レーザー脱毛を選ぶ事で、医師による施術と、薬の処方などを受けることもできるため安心して脱毛ができます。

最近の投稿