まつげエクステとつけまつげの違いは?

| 未分類 |

目を大きく見せたい、目の印象をアップしたいという事で、マスカラやつけまつげ、まつげエクステをする女性がほとんどです。
どれも目力をつける効果はありますが、それぞれどのような効果の違いがあるのでしょう?

まず、1番簡単に始めやすいマスカラは、メイクの効果で目の印象を変えるコスメです。
マスカラには黒や茶といった色素や、繊維が入っており、まつげに塗る事によってまつげにボリュームや長さを出します。
手軽に使えるマスカラですが、時間の経過と共に色素や繊維が目の下などに落ちてきてしまい、いわゆる「パンダ目」になってしまうケースも少なくありません。
また当然、クレンジングをすれば、まつげの長さやボリューム感は失われてしまいます。

マスカラよりも、よりまつげにボリューム感を出したいという場合、つけまつげを選択する女性が多いようです。
つけまつげは人工のまつげを、まぶたに装着して長さやボリューム感を出します。
マスカラのようにパンダ目になる事はありませんが、やはりクレンジングをすると取れてしまうので、スッピンになるのが恥ずかしいと感じる方も多いようです。

まつげエクステは、マスカラやつけまつげの欠点をカバーした、美容法として人気です。
人工毛をまつげに1本ずつ装着して、ボリューム感や長さ、カール感を出します。
クレンジングをしても、人工毛が取れてしまう事は無く、1度の施術で約1ヶ月程度、効果が長持ちする点が、まつげエクステの魅力です。

最近の投稿