ファッション誌を飾るモデルさんの中にはショートカットで大胆チークとか、ふんわりヘアに豪快チークとか、女性から見るととてもガーリーで可愛い印象を持つものです。しかし、女性が思うキュートメイクと男性目線の可愛い女子は、全く基準がことなるのが現実。男性はチークの印象的なメイク顔が「おてもやん顔」に見えてしまうという生き物です。
せっかく可愛く見せたくて頬にのせても、田舎くさいと思われてしまうことが多く男性の反応はイマイチ。男性が本当に好きなメイクは、さりげないナチュラルな仕上がりで、清楚さや可憐さ、可愛らしさの中に大人っぽさが漂うような雰囲気です。チークは顔の印象をソフトに演出してくれ、肌艶も良く見せてくれるため、決して使わない方がよいアイテムではありません。濃さと入れる場所にさえ気を付ければ、男性の心を掴むような女性らしい表情がゲットできます。
なお、おてもやん顔にならない場所としては、目の下が推奨されています。決して濃く入れず、うっすら、ほんのりを気を付けるだけで、素人でも美人度を簡単にあげることができます。また「おふろ上がりの顔」をイメージすれば、失敗することはありません。ナチュラルに火照った顔は、男性にはストライクです。

最近の投稿