知っていますか?まつげの構造と役割

| 未分類 |

椅子と観葉植物まつげとは、まぶたの端に生えている体毛です。構造は、眉毛とともに目の周囲に特に発達しており一般的な体毛よりも太く長さが揃っていて上下のまぶたに3〜4列の幅を持って生えています。上のまぶたの方の毛の方が長く、普通は反り返って曲がっており、ホコリなどの異物が目の中に入るのを防ぐ役割をしています。
まつげが長いことが女性らしさとされる文化は多くあるため、人工的に長くしたり多くしたりする化粧方法も古くからあり青銅器時代にはコールと呼ばれるマスカラの一種がすでにあったと言われています。
現在の化粧でもまつげは重要な部分と考えられており、マスカラやアイシャドー、アイライナーなどの目元の化粧を組み合わせることによって印象的な目元を作ることができます。まつげを挟んでカールにして上方に先端を持って行くことで目を大きく見せることができ、マスカラのノリを良くするビューラーなどの補助的な器具も出ています。また、長くするための美容液なども販売されています。
化粧とは異なりますが、自前のものに人工毛などを装着して長さや数を増やすことのできるまつげエクステンションなども流行しています。しかし、これはアレルギーなどのリスクもあるため施術するときには注意が必要です。 花瓶01

最近の投稿