うつぶせ寝はまつげによくないって本当?

| 未分類 |

まつげが生えなくなるのは生活習慣に問題がある可能性があります。まつげはとてもデリケートで、少しの刺激や摩擦で抜け落ち、これが続くと生えなくなる可能性があります。
そのひとつがうつぶせに寝ることです。うつぶせで寝るとまつげは枕に常に摩擦されている状態になり、刺激でまつげが抜ける可能性があります。うつぶせ寝の他にもいくつかまつげに刺激を与える危険な習慣があります。
アイラインで目の周りを塗りつぶす、古いビューラーを使い続ける、まつげの根元をあげる、ホットビューラーでカールをキープする、メイクの洗い残し、汗や涙を放置するなどです。また質も悪い睡眠や栄養不足、ストレスなどは厳禁ということも考えられます。
まつげの成長は睡眠の質に左右されることがあります。成長ホルモンを正しく分泌させるためにも夜10時〜2時の時間帯に睡眠をとるようにします。この時間帯に寝ることが難しい場合は、入浴したり、ストレッチをして睡眠の質を高めます。また、栄養も大切です。タンパク質やアミノ酸を意識的に摂取することで健康的なまつげを育てることができます。ストレスは自律神経を乱してホルモンバランスを崩します。これにより毛母細胞の働きや発毛を促すホルモンの分泌が乱れて、まつげの成長も阻まれます。リラックスしてストレスを感じない環境が大切です。
まつげは生活習慣などを見直すことで成長させることができます。なるべくまつげには刺激を与えないようにして、ストレスのない規則正しい生活を心がけることがまつげの成長には大切なことです。

最近の投稿