まつげエクステは、自分のまつげに人工のまつげを1本ずつ専用のグルーという接着剤で装着していくため、顔を洗ったり軽く引っ張るくらいでは落ちません。2~3週間くらいは装着し綺麗なまつげを保てるので、マスカラを塗る手間を省いたり、目を大きく見せることができるので人気になっています。ただまつげエクステは目というデリケートな部分ですから、専門の技術を持った人に行ってもらう必要があります。しっかりとした技術を持たない人に施術をうければ、目の中に接着剤が入り込んで角膜炎になったりまぶたが皮膚炎になる、またひどい場合は視力障害が起こることもあります。技術的なことはもちろんですが、まつげエクステを行うサロンの状況も確認する必要があります。美容所として登録されていることと、施術を行うスタッフが美容師免許を持っていること、そして施術を行う部屋が明るいかどうかをチェックします。衛生面についても空気清浄機が設置されているかどうかで雑菌の繁殖具合が異なります。換気をしっかり行い空気清浄機が設置されていれば、空気中の雑菌も最小限に抑えることができます。まつげエクステを受けるときには、スタッフの技術と部屋の衛生面を重視しましょう。

最近の投稿