やりすぎのパンダメイクがかわいくない理由

| 未分類 |

近年アイラインやアイシャドウなどで目を本来の大きさより大幅に大きく見せるメイクが流行しています。
一重まぶただったり、目が細い事や小さい事をコンプレックスに感じている女性にとっては重宝するメイク方法の一つとして非常に親しまれ、あらゆるところにそのメソッドが紹介されています。
ただし囲みアイラインを太く描きすぎてしまうと、白目とアイラインの幅のバランスが悪くなり、パンダ目と呼ばれる黒いラインばかりが目立つメイクになりがちです。
アイラインは本来まつげとまつげの間を埋める道具であり、あくまでもその幅を少し太めにすることで目を強調するのがポイントです。
そのため本来の目を縁取るまぶたのラインなどと大幅にズレが生じてしまうと、大きな違和感の元になってしまいます。
つけまつげなどもアイラインやアイシャドウとうまくなじませることが必要になりますが、目を大きくみせたいがために、つい本来のまつげの位置よりも外側につけてしまったり、異常に長いものを使用してしまいがちです。
アイラインを太めに描くこと自体は良いのですが、できればアイラインの色よりも少しだけ薄めの色などでグラデーションを作り、自然な奥行きを演出すると、ナチュラルで好感の持てる目元を作る事ができます。

最近の投稿