自己処理でトラブルが起きた場合の施術は?

| 未分類 |

自己処理で肌トラブルを起こしている場合には、施術を受けられない可能性もあります。たとえば、腫れが酷かったり赤く炎症を起こしている範囲が広かったりすれば、施術は行えません。これらのトラブルがでてしまったら、まずは鎮めることを考えなければなりません。施術を受ける、受けないに関わらず、とてもリスクの高い状態です。日常生活を送るだけでも症状を悪化させたり、メラニンの生成を促してしまいますので、トラブルを改善するための方法を考える必要があります。
炎症や腫れが見られる時には、抗炎症作用のある軟膏などを使用しながら常に清潔な状態に保ちます。自然治癒力も備わっていますので、時間の経過と共に落ち着くことがほとんどです。これが基本的な対処法ではありますが、少しずつ酷くなっている場合には皮膚科への受診が必要です。
施術直前まで受けられるかどうか分からない場合には、とりあえずサロンに出向いて肌を見てもらうことが大切です。場合によってはその部分を避けて施術が行われる可能性もあります。自己判断せず、プロの目で見てもらった方が確実です。無理をして施術を受けてもその後大きなトラブルを起こすこともありますので、無理をしてはいけません。

最近の投稿